タオルの黒い点々がカビって知ってた?!除去する方法は?

手を洗った後やお風呂やシャワーを浴びた後に必ず使うものと言えば、タオルですよね。

毎日しっかり洗っているつもりでも、気が付いたらタオルに黒い点々がポツポツと付いてしまっている…なんて経験がある人もいるのではないでしょうか。

毎日、洗濯して清潔にしていたつもりなのに黒い点々が見つかるなんてショックですよね。そこで、今日はタオルに付いてしまった嫌な黒カビの落とし方はもちろん、黒カビができないようにする予防方法について紹介したいと思います。

タオルになぜ黒カビが生えるのか

では、そもそもなぜタオルに黒カビが生えるのかというと、濡れている時間に関係していることが分かっています。

例えば、タオルを使ってから洗うまでの間、そのタオルって濡れっぱなしではないですか。
台拭きやお手拭き、体や髪の毛を拭いたバスタオルなど、使ってから洗うまでずっと湿った状態が続いてしまうと黒カビが生えやすくなってしまいます。

カビは湿気を好みますから、濡れた状態で洗濯槽の中に入れるのではなく一度乾かした後洗濯機の中に入れると良いでしょう。

また、柔軟剤の香りが好きで少し多めに柔軟剤を入れる人も多いと思います。柔軟剤は繊維をコーティングするので、除菌されていないままの菌を閉じ込めてしまう可能性があります。ですので、使用量はきちんと守りましょう。

次に、洗濯物の量ですがパンパンに詰め込んでいる人って結構多いのではないでしょうか。
洗濯機の容量に対していつもパンパンに詰め込んでいると、洗い残しが出来てしまう可能性があります。水位はきちんと守るようにしましょう。

そして、洗濯槽の掃除ってみなさんしていますか。洗濯槽がカビてしあっている場合、タオルだけでなく全ての洗濯物から変なニオイがしてきます。最新の洗濯機は樽洗浄の機能などもありますし、最低でも2ヶ月に1回は掃除するようにしましょう。

最後に、洗濯をした後すぐに蓋を閉めてしまっているという人は今日から止めて下さい。洗濯槽の中を乾かすためにもしばらく蓋は開けっ放しにしておきましょう。

タオルの黒カビを落とす方法とは

さて、なぜタオルに黒カビができるのかは分かったと思いますが、既に黒カビができてしまったものもあるはずです。そこで、タオルについてしまった黒カビを落とす方法を紹介したいと思います。

・酸素系漂白剤を使う

どの家庭にもあるワイドハイターなどの色柄物用の漂白剤を40度のお湯に入れて、タオルを30分から1時間程度漬け置きします。40度のお湯は一番漂白剤の効果が高く、液体タイプよりも粉末タイプの方を使った方が効果が高いと言われています。

もし、色や柄のない真っ白のタオルを漂白したい場合は塩素系漂白剤でも問題ないです。ただし、ニオイが気になる場合は酸素系漂白剤を使った方が良いでしょう。また、色柄物に塩素系漂白剤を使ってしまうと色落ちしてしまうので使わないで下さいね。

・煮洗いをする

漬け置きだけじゃとれない黒カビに関しては煮沸消毒してしまうと良いでしょう。
煮洗いする方法ですが、まず大きな鍋にお湯を沸かし、お湯1リットルにつき小さじ1杯の粉末洗剤と酸素系漂白剤を入れて、タオルを入れ弱火で10~20分ほど煮ます。

火を止めて水を足しててで揉み洗いをすれば、お湯ですすぐより効果的です。
この時、注意して欲しいのは鍋はアルミを使わないということです。ステンレスかホーロー鍋を使うようにしましょう。

タオルの黒カビを予防する方法とは

そもそもタオルに黒カビが発生しなければ、こんな手間のかかることをしなくて済みますよね。そこで、タオルの黒カビを予防する方法についてお話していきたいと思います。

・使ったらきちんと乾かす

タオルは塗れたままの状態で洗濯機に入れてはいけません。
できれば使ったものは風通しの良いところで一度乾かして洗濯機に入れるようにしましょう。もしくは、洗濯機に入れて直ぐに洗濯すれば問題ないです。

しかし、なかなか濡れたタオルだけを洗濯するなんてことはできないので、一度乾かしてまとめて洗濯するようにしましょう。

・こまめに除菌しておく

洗濯槽を定期的に洗っておいてカビが発生しないようにしておくのも大事ですが、通常の洗濯でも黒カビの発生を防ぐ方法はあります。それは、酸素系漂白剤を使って適度に除菌しておくことです。

我が家はワイドハイターを結構頻繁に使いながら洗濯をするようにしています。そのお陰か、黒カビを見ることがありません。おすすめです。

・乾きやすいタオルを使う

最近は機能性タオルが結構売られていますよね。そこで、通気性の良いタオルや薄手の物など渇きやすいタオルを選ぶと良いでしょう。リネンのタオルなんかは通気性もよく水の吸収が良いのですぐに乾きますよ。

タオルの黒カビのまとめ

以上、タオルの黒カビについてお話してきました。
黒カビは湿気の多いところを好みます。できるだけ、湿った状態でタオルを放置しておくのは止めましょう。

それでもどうしても黒カビが出来てしまった場合は、今日紹介した黒カビをとる方法を試してみて下さい。結構、キレイに落ちると思います。