スーツクをクリーニングに出す頻度って?出し過ぎはNG?

冠婚葬祭の時はもちろん、入学や卒業でスーツを着たり、会社勤めをしている人で毎日スーツを着て出勤している人も多いでしょう。そこで質問があるのですが、いったいスーツってどのぐらい着たらクリーニングに出しますか?

大事なスーツだから着る度に毎回クリーニングに出している人、あまりお手入れせずにファブリーズでシュッシュッと消臭除菌しておく程度の人などなど様々でしょう。

というわけで、そんなスーツをどのぐらいの頻度でクリーニングに出すべきか、ここではお話していきたいと思います。

スーツクリーニングの頻度とは

スーツをクリーニングに出す頻度は、基本的に1シーズンに1回です。
スーツはウールでできているため、短期間に何度もクリーニングに出して洗濯してしまうと生地が傷んでしまいます。そのため、基本的には1シーズンに1回出すのが理想です。

また、クリーニングをいつ出すかは汗の量にも関わってきます。1シーズンに1回出すのが基本と言いましたが、夏場は冬場に比べるとどうしても汗をかきますよね。とくに外回りなどの営業をしている人は汗をかく量も内勤の人に比べて多いでしょう。

そのような場合、どうしても汗臭くなってしまったり、汗ジミが出来てしまって、見た目にも良くありません。ですので、夏場だけは必要に応じてスーツをクリーニングに出す回数を増やして下さい。

ただし、クリーニングのし過ぎには気を付けておきましょう。スーツは洗濯しすぎることでドライ溶剤がスーツに含まれている油分をとってしまい、風合いが変わってしまいます。ですので、着る度にスーツをクリーニングに出すなんてことは避けて下さい。

また、夏場などクリーニングの頻度が増えて着心地がゴワゴワしてきた場合、ウエットクリーニングをするのもおすすめです。

スーツを長持ちさせるためのお手入れとは

スーツを長持ちさせるためには、日々のメンテナンスが重要です。そこで、クリーニングの頻度を減らすためにもここでは、スーツの基本的なお手入れ方法についてお話しておきます。

・ブラッシング

スーツを着た日はホコリや食べ物のカスなどをとるためにしっかりブラッシングしてあげましょう。

・しわを伸ばす

もし、シワが付いてしまったらその日のうちにシワは伸ばしてしまいましょう。スチームアイロンを使ってシワを伸ばしていきますが、スチームにはシワを伸ばすだけでなく、消臭効果もあります。

ですので、タバコや食べ物の嫌なニオイが染みついた時にスチームアイロンで飛ばしてあげるのもおすすめです。ただし、スチームアイロンを当てた後はしっかり乾かして収納するようにして下さい。

・ハンガーにかけて湿気をとばす

まずは、クリーニング店でもらえるような針金のハンガーは使わないようにして下さい。型崩れしにくい太いハンガーにスーツは干すようにしましょう。そして、風通しの良いところでしっかり陰干しをした後、クローゼットに片づけるようにしましょう。

また、スーツは1日着用したら3日は休ませるのが基本です。会社にスーツを着用していく人は最低でも5着は持っておいた方が良いです。そして、1日スーツを着たら、一晩、陰干ししてクローゼットに片づけ、さらに2日休ませるようにしましょう。

クローゼットには防虫剤を入れるのを忘れないで下さいね。

スーツをクリーニングに出す時の注意点

さて、スーツをクリーニングに出す時に気を付けて欲しいことがあるので紹介しておきます。

①スーツは上下セットでクリーニングに出すこと

たまに、上着だけ汚れたから上だけクリーニングに出すという人がいますが、上下セットでクリーニングに出さないと風合いが変わってしまいます。そのため、上着ばかりクリーニングに出していた結果、上下で着てみると違和感を抱くことがあります。

ですので、スーツを出す時は必ず上下で出すようにしましょう。

②ポケットの中身をチェック!

スーツだけとは限らないですが、必ずクリーニングに出す前にポケットの中身をチェックするようにしましょう。意外な場所にポケットがあるものだと見落としがちです。もし、ボールペンなどが入っていてインキが広がってしまったら、せっかくクリーニングに出しても着れなくなってしまうなんてこともあります。

③シミや傷があるかどうか確認しておく

クリーニング店によってはしみ抜きで別料金をとるところもあります。ですので、シミの場所に関してはクリーニングに出す前に自分でもしっかり把握しておく必要があります。

スーツをクリーニングに出す時の頻度のまとめ

以上、スーツをクリーニングに出す頻度についてお話してきました。

実はスーツってそんなにクリーニングに出す必要がありません。日々のお手入れをしっかり行っておけば、スーツは長持ちするので必ずブラッシングして一晩陰干ししておくようにしましょう。

また、クリーニングに出す前はポケットの中身をチェックし、シミの場所などもしっかり確認しておきましょうね。